2016年09月30日

大村波彦ライブ!

今月は友達の俳優大村波彦君の久々のライブがありました

大村君はこの頃だとDOCOMOのipadの
都会に旅立つ娘を駅で送る、、というCMお父さん役が秀逸でした。

今年はパナソニックの介護設備のCMにも登場しています
メジャーなCMでかなり嬉しいです



ライブのゲストは久我直子さん。
アイドル時代を覚えている人もきっとおられると思います。
今でも、キュートな感じはそのまま。
3人とも昭和35年生まれな訳で、、
3人で166歳という凄まじく高齢なトリオでした

BB39B4B6-5F27-457B-B78B-8676529C4820.jpg

いっぱいのお客様ありがとうございました
FF6B2EBE-A0DE-4D5A-909E-9DDB838F1C87.jpg

大村君は才能あふれるソングライターであり
想いのこもった歌しかうたえないシンガーなのです。
彼のお父さん、お母さんを歌ったそれぞれの曲は
役をやっていない役者、、まさしく彼の生き様を示してくれます。

21210D70-7569-4CCC-BD8B-157009471062.jpg

僕の人生の永遠のライバル、、な感じです。











posted by aqua at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

今度の木曜日は


来週木曜日6日
古川展生✖︎塩入俊哉
渋谷JzBratでライブがあります
このライブハウスはセルリアンタワー東急ホテルの2階にあり、、
カジュアルで親しみやすい、立体的な造りで見やすく
食事も美味しくいただけるという、素敵な場所になります。

チェロとピアノ、、、
今回は秋の雰囲気にふさわしいメローな曲が中心です。
ぜひぜひ一度おいでください

演奏予定曲
おくりびとのテーマ(ロングver.)
ブエノスアイレスの秋
夢のしずく
a tout prix
抱きしめるより...
ヴァルス コン フェーゴ
別れの曲
カバティーナ
他........



男前な古川展生
DAC6515E-386B-4EBD-8D11-ABC7826A3196.jpg

いつもの塩入俊哉
F8F01A4E-4098-46E3-BF26-7DED5A57CB76.jpg


お待ちいたしております







posted by aqua at 22:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

リハーサルも終わり

東京に帰ります。
大阪は駅弁がなかなか当たらず、、
くいだおれ、、どころでは無いんですが

とうとう発見です
新大阪駅コンコースの下の階
551の近くの東洋亭
ここは洋食レストランなのですが、お弁当はこの
「牛肉弁当」ただ一つ提供してくれているんです。
5EE3400E-BA96-4A7A-9AC5-4B9353D93BC9.jpg

作り置きではないようで、アツアツですし、、
牛肉は濃い目の味付けで、、
ほぼ2段重ねでお肉が入っている感じです。
1160円也。
がっつり系の人超オススメ。
大阪の駅弁は見た目ある意味賑やかなんですが
一品一品がどうも半端な感じが否めないところがあって。。
まぁそれ以上食うなよ、、と言われそうではありますが、、

しかしリハーサルとはいえ、ネオクラシックvnーduo バージョンは
全てを使い倒すので、終わるともうグッタリです。
帰ってもやること山積みだし。。

ところで、、乗ってる車輌、半分は芸妓さんの団体でした















posted by aqua at 14:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森川美穂さんコンサート

EE267DA4-F593-4F4A-9C1A-CEAEAF5B9EFE.jpg

この間の土曜日は、森川美穂さんのコンサート
ピアノとのDUOでお届けしました。
なんと、本田美奈子ちゃんと同期なのです。
昔のアイドルは超本格派がいっぱいだったんだなぁ。

繊細さとパワフルさが絶妙に同居している
実に本物。。。うーん。すごい。
レンジの広さをお互い十分に使い切った
かなり満足なコンサートになりました。

今度の日曜日は大阪公演もあります。
是非聞いて欲しいです。
トークもたまらないっす

あ、11月に彼女がリリースするアルバムも
3曲アレンジしております。
pfとのduo曲も1曲。
こちらも是非聞いて欲しいです!
9月はこちらも制作しておったのですよ。

森川さん、大阪芸大で准教授として活躍もしてます。
川井さんもだし、、、
女性はすごいです。














posted by aqua at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲垣さん 大阪新歌舞伎座

すみません、、
ご無沙汰です
音楽に邁進する余り、、更新出来ずごめんなさいです。

今日は久々の遠征。
稲垣さんで大阪新歌舞伎座です。
AC6F241C-8552-44F4-800E-BC31EE22A8ED.jpg

ホールに入る前、11時から来週のライブの
リハーサルを大阪市内でかなりみっちりやってからの楽屋入り。
今日は新曲もあって音合わせもしっかり。。。

スケジュール詰めすぎで
さすが始まる前は楽屋で倒れていました。
30分寝て回復
お客さんの笑顔で元気も出て、コンサートは
すごく良い感じでした。

更新され続けているセットリストも
今、かなりいいかも
重要な曲が意外なところに置けるって
やっぱり良い曲の宝庫ってことだな。

明日はまた11時からリハーサル
がんばろ。










posted by aqua at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

この写真

無茶苦茶いい78EDEA5F-1C04-4BCA-AB74-44D19EC96F31.jpg

明星の表紙みたいですーー

小川さんありがとうございます






posted by aqua at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売野雅勇さん25周年

作詞家デビュー35周年を迎えられた売野雅勇さん、、
自身の華麗なるエピソードをまとめた「砂の果実」が上梓されました。
ページをめくる度に80年代の濃密な風が甦り、色々な経緯が
実に魅力で素敵な本なんです。
そういうことだったのか、、という場面がいっぱいあります。
A6D6074C-3090-4B75-BFEA-729A6F48D66C.jpg
そしてなーーんと、索引の錚々たる人の中に僕の名前が
ご一緒させて戴いた舞台のお話に出てくるのです。

ある日、別の打ち合わせをした後で売野さん
いつものように内緒話くらいの大きさで
「塩入さん、今度舞台やるんですが、音楽のまとめと
オーケストラの指揮をお願いできますか。台本すぐ送りますから、、」

あのぉー僕、指揮は中学以来やってないんで、、、
なんて絶対言えない雰囲気で、、
次の瞬間「はい、わかりました、楽しみですね」、、なんて言っている自分がいました。
台詞によって伸び縮みする場面がいっぱいありそうな音楽をオーケストラで、、
更に自分もピアノでオンステージしながら指揮をやり
題材がヴィエニャフスキーですから、vnとduoの難曲もあるという
壮絶なお仕事をあっさり指名してくださったからには
死に物狂いでがんばらねば、、と
現役の指揮者さんに3時間づつ10日間以上、レッスンをお願いしました

その舞台は「ミッシングピース」というタイトルで、、
オーケストラをステージに置いて物語が進行していくという、実に贅沢な音楽劇でした。
台本とプロデュースを売野さんが、、そして主役は歌舞伎の世界から市川右近さん
脇を売り出し中の春猿さん、段治郎さんが固めるという
超豪華キャストの目眩い世界でした。

それまで稲垣さんの「夏のクラクション」「P.S.抱きしめたい」等数多くの
売野さん作品に出会ってたことで、売野さんの想いは台本からいっぱしに
読み取っているつもりで、、、オケ合わせの時には音を出す前に相当メンバーに
それぞれの場面の意図を語ったりなんかして自分的にものめり込んだ思い入れが強い
お仕事になりました。
ただ本番中ずっと咳が止まらなくなったりして
今思えばすごいプレッシャーを感じてた事がわかるわけです。

そしてもう一つ、右近さんのその重厚な台詞まわしと所作には深い感銘を受けました。
目の当たりにするとその歴史を背負ったとしか言えない存在感はとんでもないもので、、
それに反応して音楽を作っていくわけですから
リハーサルから千秋楽まで染まりきっていっぱい勉強になりました。
ただ舞台終了後、何週間かして三島の島全体がホテルになっている
とんでもなく風光明媚な場所で行われた右近さんの何回目かの結婚パーティーでの
右近さんのその軽妙なお話しぶりと、お客さんの間を飛び回る俊敏さには
あらためて芸のその奥深さを感じた次第でした

こうして売野さんとお付き合いさせていただき、
一緒に作った作品も20曲弱あるわけです。
書いてくださったいつまでも輝きを失わない素敵な詞は
いつ読んでもまた新しい想いを呼び起こしてくれます。
感謝しかありません。

ダイアモンドの美しさとナイフの美しさがせめぎ合う才能、、
うーんやっぱり上手く表現出来てないけど
そんな感じです。
3AD29CCF-FB4F-4BF5-9426-4BFE79F3265B.jpg






















posted by aqua at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

サウンドインBスタ

9AF2E84D-EDBD-4224-89BD-1B3414B7EF35.jpg

今日はサウンドインBスタでレコーディングでした
ここは昔、稲垣さんのアルバム「Mind Note」とかを録ってた所です。
L字型の卓が印象的。
今日のアルバムは11月に発売になるわけですが、、、
発表OKになったらお伝えします。

今回は5曲中、3曲アレンジとバックトラック作りで
参加させてもらいました。
今秋初めてご一緒させていただくわけですが
今日は歌とピアノの同録
最後に2人とも納得のテイクが録れて、、、
良かったです









posted by aqua at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

総理補佐官手記

震災時、総理補佐官として奔走してた寺田さんの文。
緊迫さの極致、、、ぜひ一読下さい。

中学時代に国立駅前でよく聞いていた菅直人さんの演説。
一時評判落としてましたが、、、
あの頃感じた、他の政治家と違う良い意味での一途さを
寺田さんの文章から再び感じることが出来ました。







posted by aqua at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集