2017年07月19日

砂川啓介さん

何度もコンサートをご一緒させていただいた
俳優の砂川啓介さんが、天に召されました。
奥様が元気な頃はコンサートにもゲストでおいでになったり
本当に素敵なご夫妻でした。
奥様残して、、というのは、砂川さんご自身
本当にお辛いことだと思います。
心からご冥福をお祈りすると共に、奥様が平穏な日々を
お過ごしくださいますよう願っております。

楽しい時間をありがとうございました。
想い出の写真です。

7914B081-2DDD-476B-B1F7-85C39C4CB474.jpg

この時のコンサートのリーフレットの文章です。

『まだ、忙しかったり、暇だったり、楽しんだり、悩んだり、
喜んだり、 悲しんだりしています。そして元気よく歌ってます。
でも、ちょっと寂しくなったりもしています。春なのに…!
だから、みんなに逢いたい、話したい、
そんな気持ちのライブです。
あっ、それからもう一つだけ、、、
私たち結婚して半世紀過ぎました。
そんな意味もありまして、、、どんな意味ですかね?
是非、来て、観て、話して、歌を、聴いてください。
                                                                                     砂川啓介』

砂川さん、ありがとうございました。
また、「ジャスティンホフマンになれなかったよ」を
一緒にやりたいです。











posted by aqua at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塩入さん、おはようございます。
本当に、残念で悲しいお知らせでした。
誰にも間違いなくやってくる『最後の日』。“窮極の平等”の運命ですね。
でも、できることならば、何の心残りもなく、何の心配もなく、だれも悲しませることもなく、「これでよかったね」と言われる『最後の日』を迎えることができれば、どんなに幸せでしょう。
砂川さんにただ一つの「最後の幸福」があるとすれば、ご自身が楽になられたこと でしょうかね・・・。
砂川さんと共に写られたお写真、とても素敵です。
Posted by 巻き舌 at 2017年07月19日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集