2018年01月04日

年末のご報告Aメダリストオンアイス


今年もメダリストオンアイス
無事終了しました。
応援の皆様、制作の1002のみなさん、バンドのみんな本当にありがとうございました。
4D787FFF-4B40-455A-8AD5-FAB668632F87.jpg

今回は企画もあったり、各スケーターからの楽曲 決定が伸びたりして、、
11月からコンサートの無い日はアレンジ、譜面作り、シーケンス作り、、と
1日ほぼ17時間作業となってしまいました。
とは言っても一昨年の様な極限の緊張感のある曲も無く、無風な回かと思っていたら
前日に出演スケーターが予想外となり2曲プラス
ストリングスもある曲だし、、今回東京で良かったです。

当日は5時には会場へ。。。
長い1日が始まりました。

当日に色々撮ってくださった写真集です。

楽譜は準備万端
6D2E61D0-D3E2-46F4-90E3-B5D7773E766F.jpg

朝のリンクは神々しい静けさに包まれています。51178E20-4828-4C00-A6E0-31EEE79C0124.jpg

調律が始まります。
1日スタンバイして下さっています。
17FBDD66-1CEF-48FC-8771-E24137CE9524.jpg

楯君のセッティングは大変です。
57E9F43A-D351-434C-87F8-8E493B609C48.jpg

サウンドチェックが始まります
38333ADE-4767-45DD-B0A3-C98C94C80B98.jpg

シーケンスのmixや当日のシーケンス出しは楯君に全面的にお任せ
どれだけ心強いか。
的確なピットにより、レーサーがレースに没頭でき、、
結果につながる、、、そんな感じです。
まぁ同じ産婦人科のベッド出身ですから、、、
40DED2D2-9FFC-4034-BA0C-F74A02674993.jpg

豪放なプレイと間逆にも思える用意周到な姿勢に大きく助けられています。
学校は違えど大学時代からの盟友、渡辺豊君です。
出会ったのはカーティスクリークバンド。
C36FD495-CE2D-4371-90C6-E4FB9BD1B326.jpg

超絶なパーカッショニストですが
巷のラテン系と違うのは何と言ってもティンパニーの技です。
基本の仕込みが格段です。
8BDD734D-658C-4CB1-9F48-CD9A4F84471C.jpg

信頼のまぁ君と順さん
エグザイル等数々のアーティストに曲を提供してるまぁ君。
スタジオコントラバスファーストコール奏者の順さん。
それぞれワールドワイドなお方です
F82E9B38-9994-4AE1-9901-7629DFDA61A7.jpg

今回はストリングスチームに古川君が入ってくれて
凄く嬉しかったです
超贅沢なストリングスチームになりました。
C070D74A-A2BD-4AD1-8B3D-36057C3F3311.jpg

さぁ始まります。
55F17B27-5B4D-40E7-A5B4-9DB411AD22D8.jpg


これは終了後すぐの、1番安堵して幸せな瞬間です。
E56E94D2-F2BC-4034-9BCB-986CBEE72C67.jpg

今回は羽生選手が出場出来なかったりもしましたが
素敵なスケーターのみなさんがオリンピックイヤーに相応しい
素晴らしい演技を見せてくれました。
より一体となれる様、僕らも当然さらなる研鑽が必要だと認識しています。
関係して下さった皆様ありがとうございました。

ちょっと政治家風ですみません
81E729CE-E5D8-4952-98D7-CCD8EB0B1BEC.jpg





posted by aqua at 06:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中のご活躍をネットやテレビで拝見しておりました。
本年も遠くからですが応援させていただきます。
素晴らしい音楽を楽しみにしています!
Posted by 宮崎祐一 at 2018年01月04日 09:46
読んでいるだけでハラハラしました。今回のMOIのご準備。
貴重なショットの数々、ありがとうございました。
拝見しながら、“人間っていいなぁ”という思いが湧きました。人の才能・技量、培われてきた力・感覚は代えることができない宝ですね。

今回も重責、本当にお疲れ様でした。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年01月05日 06:15
塩入さん、こんばんは。
「メダリスト オン アイス」のリポート、待っちょりました。どうもありがとうございました。
超Veryとてつもなく豪華ミュージシャンの演奏で、氷上で舞うスケーターも観衆のみなさんも、それはそれはよい空間に酔われたことでしょう。
わたくしは、演技はそっちのけで、演奏されているコーナーが気になって気になって・・・。もっと、テレビカメラが捉えてくれればいいのに!と、うずうずしてテレビの前に座っておりました。
それにしましても、楽譜のご準備から当日5時からの作業、本番という間のハードさには驚かされました。いつもながら、極限状態をやってのけられる塩入さんは、「凄い!!」です。本当に、すごいなあ〜。
予定外、予想外の演奏曲の増加・・・そうでしたね。それにも、何事もなかったかのように対処された塩入さん、やっぱり、「凄い!」です。
Posted by 巻き舌 at 2018年01月05日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集