2018年06月25日

Jzで28日

6/28 木曜日はquattuor 
古川展生×塩入俊哉×齋藤順×楯直己の4人組ユニットです。
古川展生(チェロ)は都響首席奏者として正統的クラシックの道。斎藤順(ベース)は芸大卒後、コントラバススタジオ奏者として長年のキャリアを。楯直己(パーカッション)はビジュアル系バンドヴォーカリストからプロデューサー、EARTH系音響家に。塩入俊哉はJ-Pop系キーボード奏者から役者に(証拠写真あり)。

異色の4人による目眩く音世界を是非ご体験ください😃
当日は19:30開演です。17:30にはOpenしますので
ゆっくりお食事など召し上がりながらごゆるりと
お過ごしいただけると嬉しいです。
D91CDFE8-CC00-4D44-891E-3AE5B54DEF05.jpg8E1EE317-2848-4760-8E0A-F6EA510FCE31.jpg7A2D759C-265C-405E-869F-B9C76E1841C2.jpg
posted by aqua at 11:51| Comment(2) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、豪華でワクワクな演奏会ですね。
このような情報を得るたび、やはり都市圏はいいなぁと思います。
演技の練習にも熱が入りそうですね!
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年06月27日 05:55
塩入さん、こんばんは。
人の運命といいましょうか、進む道といいましょうか・・・人生、どうなるかわからないものですね。ども、その過程にある諸々のことは、全て「必然」なのですねえ〜。
塩入さんが『役者』さんの道を歩まれるとは・・・ねえ〜・・・・・・・な〜んちゃって。
マルチに才能を発揮され、マルチに活躍される方は、やっぱりマルチに凄い方ですね、塩入さん。
ところで、それぞれに発揮される力が異なる“巨匠”の4人のアーティストさんが結集されるステージは、どんなに大きくて魅力的なことでしょう。
やっぱり、日本の首都があるところは、スケールが大きくてクオリティー高い“文化芸術”に触れる機会が多くていいですなあ〜。
Posted by 巻き舌 at 2018年06月27日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集