2018年08月16日

swingでした


先日は川井郁子教授、銀座swingでした
変わらず冴えてるvnに、和楽器が絡みつく
オリジナリティ溢れるステージになりました。
この頃の和楽器の方は全然違う種類の楽器を2つ出来ちゃうから
すごい。尺八と琵琶。太鼓に能管に篠笛ですから。
これからのミュージシャンは2種必須。
プロミュージシャンのハードルは今目一杯上がっています
22C46E8A-3697-42EA-A570-8297A2661C8B.jpg
早川さんのbassは官能的。

75分2回。
緊張感の維持がすごいです
C9F9F86C-C88D-4207-A6DF-56C6C0D6D723.jpg


自在です。感服。
F865DE18-21AA-4584-9D09-BB3B3066C8B4.jpg
posted by aqua at 23:29| Comment(1) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緊張感の維持、自在な演奏・・・。
塩入さんも同じですが、その陰には日夜弛まぬ努力の積み重ねがあるんですよね。

自然と自分自身を振り返ってしまいます。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年08月17日 06:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集