2018年08月16日

フロッピー

父親と話ししてて、フロッピーに昔よく行ってたな、、って言ったら
「もうないよ」
えっ?
なんと今年の春に27年の歴史に終止符を打ったらしい。

フロッピーは何かと言うと、、、
八王子というか高尾駅に近い、おっきな風呂屋さんのことです。
時代の途中でスーパー銭湯♨️という言葉が出来たけど、、、

当時関わっていた、いちょう祭りの関係者の方がやってたので
券をいただいたりしてた。
クレーンゲームは当時取りやすくて、根こそぎ取ってたもんなぁ。
うーん寂しいなぁ。

オープン当初はこんな感じで颯爽としてました
C0F588A3-8BF4-4F82-BBF2-80CC4FE1F476.jpg

ロビーもスッキリ
E07A982F-3341-439B-A77E-DA3454EF41CE.jpg

これは男湯だ
DE2A7F22-E29D-4DED-A5B4-B51C945230A1.jpg

露天、打たせ湯もあって
CC08A56F-AE60-4604-9E32-F2B3D285810A.jpg


お約束、歌謡曲のステージも勿論
0B166569-F335-4658-88B8-A736E1C3F3D1.jpg

夜中にそれはそれはよく行きました。
いちょう祭り音楽広場の打ち上げもやったな、。

晩年はこんな感じで、ちょっと鄙びた高尾的なカラーリングに
なってたみたい。
3D17ECC3-B086-4EF4-8916-A47A5859D2C6.jpg

壊しちゃったかな。
復活はないかな。
ここの所いっぱい思い出が消えていく、、、

新規思い出の量産化を図らねば
posted by aqua at 23:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近くにあったらきっと頻繁に通いそうな銭湯です。

共通の思い出を語り合える親、友達がいるのは本当に嬉しいことだと最近よく思います。
そして、思い出の中の場所が健在なのはなお嬉しいことですね。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年08月17日 06:07
高尾へは お墓参りで年に5回ぐらい
行きますが 車で行く時に前を通りかかることもありましたので 記憶に残ってますが 閉館してたんですね。

塩入さんの 思い出の場所だったとは…
高尾のあの雰囲気は 今でも昭和の
香りがします。

楽しい思い出の詰まった場所が
閉店したりしてしまうと 時の流れと
寂しさを感じますね。


ライブでは
一期一会の素敵な音色と共に
新たな思い出が増えていくのが
楽しみです。




Posted by リラックマ at 2018年08月17日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集