2018年11月18日

電話

寝たばっかりなのに夜中に目が覚めた。

そうしたら寝てる1:34に古い親友から電話があったみたい

2:30だったけど電話した。

夜中に2人で色々語った。

18の時、初全国ツアーを一緒にやった大村波彦君だ。

この頃は中国の映画にもいっぱい出てる役者。

永遠のライバル。

1AF0DE8F-5D8F-486A-9472-977818940B5E.jpg

最初は勿論彼が主役のツアーだし

その後、NHK銀河の主役をスーちゃんとやったりするから

背中をずっと追いかけていた。

そんな彼が今も夢を語る。

1/31にやる事を決めてあるライブについても勿論あれこれ。

目黒の東京倶楽部19:40から、2人で熱いライブだ。

僕らの40年。

結果的だけど、纏まる事を恐れるかのように

がむしゃらに走り続けてる2人を是非‼️


さてと、寝れるかな。

音楽したい真夜中。

posted by aqua at 03:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにか夜のしじまに飲みこまれてしまいそうな、お二人の時間でしたね。
それぞれに走り続け、時々こうして語り合える仲間。ありがたいし、必要だと思います。

さて、音楽せずに眠ることができましたでしょうか(笑)
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年11月18日 06:07
真夜中に語り合える親友との会話
お互いに認め合う存在
女性同士の親友とは また違う
かっこよい関係ですね。
厳しい世界を駆け抜けてきた
素敵なお二人の 熱いライブを
楽しみにしています。



Posted by リラックマ at 2018年11月18日 17:49
塩入さん、おはようございます。
静まりかえった午前2時40分〜、睡眠時間も惜しまず“巨匠”お二人があれやこれやお会話されたことは、どんなあれやこれやだったのでしょう。“想像空想妄想”がとまりません。
女子どうしがぺちゃくちゃする内容の∞倍重厚な内容のお話をされたのだと思います。けれど、40年もの長い間に培われたお二人の間の信頼感や友情、切磋琢磨してきた同志としての気高き精神といったものがわかりあえているお二人の“午前2時40分〜の会話”は、ある意味、女子同士が他愛のないおしゃべりが楽しくて夢中になる状況と同じだのかもしれませんね。
Posted by 巻き舌 at 2018年11月19日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集