2018年12月05日

むつ市へ



東北新幹線でむつ市に向かっています。
新幹線は七戸十和田で下車、そこからは車です。
今日も暖かい不思議な日です。
向こうは3度らしいですが。
車窓から
0E9D1453-B62E-42F3-8483-6A6D0D1A65E6.jpg

あまりに長いのでお弁当です。
9A42BA4E-7853-46EE-8FF4-7AE3786F1143.jpg

紐を引いたら5分でアツアツ厚切り牛たん弁当なのです。

開けてみると、雰囲気はまるで皆無な業務用弁当みたいですが
お味は良好。流石、牛タン
709886F9-F142-499B-B07C-A7BF04CF4361.jpg
ただ、茄子の味噌漬けが超辛く、、、
食べると牛タンがどっかに飛んでいってしまう程で。
このバランスは要一考ですね。

でも温かいご飯はホント何よりです。
そうこうしているうちにあと1時間で七戸です。

僕の中学校の修学旅行は東北でした。
それもあってか中学1、2年の地理の時間は
ずっと先生がスクーターで東北沿岸を旅したスライドを見ての
授業でした。リアス式海岸での村人の生活が見て取れて
今考えても貴重な時間でした。
その先生からは地図の深い読み方なども教えを受けたし、、
所謂、市販の教科書を一切使わないという授業だった訳です。
そう言えば数学もひたすら、一冊の問題集をやり尽くす、、という
授業だったし、、
地学は何かと言うと学校内にあったプラネタリウムを見ていました。
体育は冬になるとこれもひたすら縄跳びで、、
3重飛び、順交順、順順交、側振2重あや飛びとかを組み合わせて
得点競っていました。
音楽は先生がオーケストラを自分で持ってたりするもんだから
自分の部屋にこもりっきりで、、
僕が任されて合奏の指導をしていました。

先生が超優秀で一匹オオカミ的な方ばかりだったんだと
今思います。
ウチは6ヶ年一貫教育で、当時は東大合格者全国ベスト10に入ったり
サッカーでは東京第二代表だったり
まぁみんながんばってたなぁ。
中学の時の僕の名簿の前後は東大行っちゃったもんね。

あと40分になりました。
posted by aqua at 10:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しい中 連日の投稿 とっても
嬉しいです。
東北新幹線のチャイムは〜とか
色々と写真を拝見しながら
温かなお弁当から 牛タンの匂いが
するようだったり 東北らしい雲の様子や、風景に色々と想像してしまいました。
塩入さんの ここは昔どうなっていたの
だろう的な探求心旺盛な 建物や
街等への興味は 独創的な
スーパーな先生方の教育の中でも
特に地理の先生の影響が大きいのかなと
思いました。
必死に縄跳びを飛ぶ 学生時代の姿を
想像して クスッと笑ってしまいました。
合奏を任せられる…とは さすが塩入さん
✴✴
母校での 学びが 塩入さんの
東大生よりも卓越した 才能で
音楽の道を切り開き 邁進され
独自の世界へと繋がるのですね

小学生の同級生で神童のように
優秀な男の子が 塩入さんの母校へ
進学して その後 医師になったのを
思い出しました。
やはり 文教地区ならではの素晴らしい
伝統校だなぁって改めて思います。
話題は変わりますが
鉄道のチャイム 色々調べたら
一度は耳にした音色…
特急なども チャイムの種類が
あるのがわかり 楽しくなりました。
電車大好きな子供は 今夏辺りから
急に鉄道唱歌を歌い出し 時々
歌っています。
東西奔走な毎日 素敵なライブに
なりますように。
(まとまりのない長文ですいません)







Posted by リラックマ at 2018年12月05日 19:17
素敵な先生方です。教育って、本来こういうものだと思います✨
良い環境で学ばれたのですね。

私も、3年前と5年前に修学旅行で青森に行きました。
三味線ライブと演奏体験は欠かせません♪
Posted by mari at 2018年12月05日 22:13
学生の頃の授業でいつまでも頭に残っていることって、意外と、横道に逸れた話とか、生き生きと楽しそうに説明しておられた先生の姿とかです。
中学の合唱部で合宿をしたとき、朝食の片づけで流しやガス代の磨き方を顧問の先生に教えていただいたことがやけに頭に残っていて、今でもガス代を磨くときその先生のことを思い出します。(その時の先輩の一人和田薫さんは今、ゲーム・アニメ・映画等の作曲でご活躍されています)
聞いていなければたぶん買わない「厚切り牛たん弁当」。かなり興味が湧いてきました!
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年12月06日 06:03
塩入さんの多感な中高時代のお話を
読ませて頂き何だか感動しています。
その時に体験・吸収された一つひとつの
ことが塩入さんの作品と
奏でるピアノの響きに
繋がっているのではないでしょうか・・。
だからこんなにも惹き込まれるのかも
しれません。

Posted by Marie at 2018年12月08日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集