2018年12月05日

下北でお客様

下北におります。
先程、なーーんと松原健之さんを長年応援してくださっている
むつ市在住の方が訪ねて来てくださいました
今日の僕のこのブログを見て
えーむつ市に向かってる、、、びっくり仰天‼️、、ということで
慌てて駆けつけて下さったというわけで。。
ロビーで暫しお話しさせていただきました。

空気の澄み切ったこの素敵な街にも松原くんの歌が
生きているんですね。嬉しい限りです。
戦友に会った様な気持ちになりました
ありがとうございました

そうそう、僕が最初にこの街と恐山に来たのは
中学3年の時の修学旅行でした。

本来電車寝台車である車輌、向かいがけ4人クロスシートを
特急で使うという、かなりな掟破りな583系のはつかりに乗って
平泉へ。金色堂と毛越寺を見ました。474ADFB1-E8B3-4E33-BD0F-A37509C1E996.jpg

これが毛越寺の庭園です。
937EB165-CB42-43E2-9AE3-9FF0F585A7C0.jpg
前にも書きましたが、初めてコンクールでラヴェルを弾くことになり、、
それまでフランス近代モノは一切やって来なかった僕は、その和音の響きの
新しい感覚の処理がどうしても出来なく、表現のクレパスの選択に手が止まる状態でした。
予選に全精力をつぎ込んでいて本線曲を遠ざけていて、いざ予選合格し大慌てな
あと1ヶ月の時期に何と修学旅行が、、、
カセットデンスケにヘッドフォンをしてラヴェルをリピートして聴くきながら歩く
異様な中学生でした。
毛越寺まで来て、浄土庭園に入った時、、、視覚の中の庭園と聴覚の中のラヴェルがスッと
一つになり、、、空気を表現する、、という手法が朧げながら見えて来たのです。
修学旅行にホント感謝です。

ただ修学旅行はこの後、蔦温泉
C6CD5C32-6D97-46EE-993C-0D18E2F7ACDC.jpg9306F831-A87C-4E2E-B47E-4150237F4744.jpg

そして恐山
FD3CC685-FC67-43A8-BC8F-5A70D4B086F6.jpg

最後は大鰐温泉という行程で、、
まるで熟年旅行のモデルにでもなりそうな道のりでした。

楽しくて為になった修学旅行ですが、、
8ミリカメラが欲しかった僕は、その修学旅行を撮るから、、という理由で
おばあちゃんに買ってもらい、その後あらためてフィルム代現像代が超高いことにを知り
ならば、、と、父兄の方へ報告上映会をやるという新しい企画を学校に出し
フィルムを購入していただき、公費で友達と撮影班を作り撮影してました。
集合の2時間前には上野駅にロケハンに行ったりして、、
あの8ミリフィルムどこにあるのかな。

posted by aqua at 18:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塩入さん、こんばんは。
なんと渋い、中学生の修学旅行でしたね。
今の中学生では考えられなくてあり得ない行程。
そんな中、ヘッドホンを当ててひたすらピアノ曲を聴きながら歩く「塩入少年」がいる光景・・・思わず笑ってしまいましたよ。
毛越寺の浄土庭園で体験された感覚は、「塩入少年」の研ぎすまされた感性だったのですね。奇跡的なマッチングですけれど、やっぱり「必然」だったのですよね〜。
お客様とのお出逢いエピソードは、「やっぱり、音楽は人の心を動かし、つながっているんだなあ」とつくづく思わされました。
今日も、12月と思われない高い気温だったのですけれど、塩入さんがいらっしゃってた所も、寒さが少しは緩かったでしょうか?  
変な気象の昨今、その中で日本列島の東西南北を飛び回られていらっしゃいますので、健康に気を付けられてくださいまし〜。
Posted by 巻き舌 at 2018年12月05日 21:42
フランス近代の不思議な感覚…
学生時代、サンカンのソナチネを吹いたとき、ピアノの短調なのか長調なのか分からない音の重なりに、捉えどころのない旋律をどうのせるのか?これで合ってるの?という、不思議な感覚のまま演奏しました。
水の中を表現したようなピアノの伴奏で泳ぐように吹く、心地良い曲です。

生徒の発想や自由を尊重してくれる学校、素晴らしいです。
そうでないと、素晴らしい芸術や人間は育ちませんね。
今は亡き私の師匠も桐朋の出身です^ ^
厳しく優しい人で、とても力強く柔らかい音を奏でる奏者でした。
塩入さんのピアノと重なります✨
Posted by mari at 2018年12月05日 21:54
行動力のある少年だったようですね。
美しいお写真の数々、ありがとうございます。
景色が美しいだけでなく、撮影の技術とセンスが大きくものを言っていることがよくわかりました。
それにしても、きれいな景色です。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2018年12月06日 06:08
ラヴェルの和音・・空気を表現する。
中学時代の塩入さんの感性が
今に通じているのですね。

先月のコンサート終演後、私の質問に
答えてくださった言葉が蘇ります。
私もラヴェル大好きです。
Posted by Marie at 2018年12月08日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集