2019年04月06日

入学式

先日は2日連続で入学式での演奏でした。
周りは教授ばかり。。。
わたくしは、肩書き無しでの参加となりました。
8FECD1A8-7BBA-42D2-8175-D47F437D460A.jpg

とは言え、、もう連続して最低6年から8年くらい
出演させていただいております。

バリトンの三原教授やピアノの遠藤先生とは1年に一度
七夕みたいにお会いしてます。
楽屋でのお話も毎年盛り上がり、、
この頃1年があっという間に、、という感じは
この日が一番‼️
準備しないでいきなり、、なので余計にそう思うのですね。

B5B00101-CAB5-4591-ACDC-C881D0591D99.jpg


posted by aqua at 15:47| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塩入さん、こんばんは。
なんと豪華で贅沢な入学式なんでしょう!♪
入学という記念すべき特別な日に、極上の芸術に触れることができた学生さんは、とてつもなく幸せなことで、羨ましいかぎりです。
それにしましても、プログラムの塩入さんの「肩書き」・・・どうされたのでしょう。「たくさんの『肩書き』をみなさんは既にご承知でしょ」的なところだったのでしょうか〜?
Posted by 巻き舌 at 2019年04月06日 18:02
こんな素敵な入学式があるのですね。そして塩入さんに関する初情報でした。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2019年04月07日 05:57
塩入さん こんばんは!
大学入学式での演奏。
何て豪華で素敵なんでしょう。
ラストの「威風堂々」新入生の皆さんの
励みになることと思います。
この春50歳にして音大(短期)声楽科に
入学した関東の知人(男性)がいます。
会社を早期退職しての受験そして合格。
大学の合唱団で知り合った奥さまの理解と
サポートにより長年の夢を叶えたのです。
花の音大生となった◯◯さんと重ねて
塩入さんのblogを拝見しました。
Posted by Marie at 2019年04月07日 22:09
先月から息子の卒業式や入学式で
音楽に触れる機会があり 特にピアノ
音色は心の琴線に触れるというか
旅立ちや 新たな世界に向かう気持ちと
背筋をシャッキとさせてくれるような
気持ちになります。
音楽は寂しさや不安な気持ちを包みこみ
力を与えてくれる存在だなぁって。

豪華な演奏を聴く機会に恵まれた
学生の方達は 羨ましいです。
希望を胸に より一層頑張れるのでは
と思います。
七夕のような機会ならではの
気持ちがぴったりと通じ合う
充実感溢れる 素敵な演奏だったことが
伝わってきます。










Posted by リラックマ at 2019年04月07日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集