2019年04月19日

quattuor

quattuor 今年最初のライブはJzで。

前半は和の世界。

和楽器で、、ではなく、和の精神を描く、、という方向。

古川展生君と順さんのユニゾンは、まるで魂を

素手で撫でられるような。。。

楯くんは哲ちゃんのミキシングと共に

これまたとんでもないところまで、、、


●いらしてくれたお客様からいただいた感想〜

今日のライブは、怖くなりました。

あまりに惹き込まれすぎて

家に帰れなくなっちゃうような気がして…

本当に異次元にいる感覚になりました。

ブラックホールに落ちていくような感覚に…


今年、もう1回ぐらい出来るといいな。

7A086112-C5AB-4240-9BC3-9EA9E89562DA.jpgB02BA02A-81B7-4D31-8CCD-75E75D7FCE07.jpg

posted by aqua at 03:45| Comment(4) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな感想がステージ側からも客席側からも出る演奏、どうしても聴きたくなりました。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2019年04月19日 05:54
塩入さん、おはようございます。
会場に行かれた方のご感想のように、“魂を素手で撫でられる”ような体感をしてみたいです〜。
先日、救急医療で活躍されているお医者さんが、緊急手術中で、“素手(手袋あり)で心臓マッサージをする”映像をテレビでみましたけれど・・・。
『quattuor』・・・東京に行かないと遭遇できないのでしょうね〜。
よいもの、刺激的なものに出会える「東京」、こういう時にいつも、「住んでいるといいなあ」と思ってしまいます。ああ〜・・・・。
Posted by 巻き舌 at 2019年04月19日 07:40
春霞幻想、和の精神で奏でられた音色の数々、感動的なシーンを体感したかったです。是非、また開催していただきたいです。
Posted by キタキツネ at 2019年04月20日 04:42
塩入さん こんばんは!
blog の文章やステージ写真
お客さまの感想からJZ Brat での
音楽を一生懸命に想像しています。
でもやっぱり無理です!!
〜異次元〜ブラックホール〜の
ような音楽体験をされた方々が
羨ましい限りです!!
また blog を楽しみにしています。
Posted by Marie at 2019年04月20日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集