2019年05月23日

クロウサギの為に

奄美大島の15,221〜39,780頭いるクロウサギを保護する為に
猫3000頭を5億円かけて殺処分しようとする愚策。

昔実験用のニホンザルを提供してた奄美の会社に
どうやらお金が流れるらしい。
こんなことばかりだ。

イリオモテヤマネコに生まれていれば
こんなことにならなかっただろうに。。

結局世界遺産欲しさにこういうことが行われて行くわけで。。
衰退する地方は世界遺産というレッテルが喉から手が出る程欲しい
、、という側面は理解しても、、こんな不自然な行為をしてたら
多分承認されないと思うのですが。。。
もうこの国、断末魔の様相。

皆さん自分のあるべき立ち位置を確認して下さいね

posted by aqua at 23:03| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渦中では、事の本質の所在が見えなくなるのでしょうか。  自分も気をつけなければと思います。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2019年05月24日 05:54
塩入さん、おはようございます。
なんという事態でしょう!
悲しくて酷くて呆れて本末転倒過ぎて・・・
言葉にならないです。
「世界遺産=負の遺産」まっしぐらな状態を憂います。
Posted by 巻き舌 at 2019年05月24日 09:02
塩入さん こんばんは。
人間の都合・人間の思い上がり
人間の欲望・人間による線引き
その犠牲になろうとしている
多くの小さな命。
何ということでしょう。
報道されない事の本質を
見ていかなければならないと
思い知らされます。
Posted by Marie at 2019年05月24日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集