2019年07月24日

この記事へのコメント
国際情勢のために涙を流した多くのアスリートのことをあらためて思うと胸が詰まります。
秀樹さんのこの曲が応援歌だったということを知りませんでした。
歌詞・歌唱ともに、秀樹さん、作られた方々の熱い思いが伝わってきます。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2019年07月24日 06:01
塩入さん、こんばんは。
ボイコットの「モスクワ五輪」、そういえば、ありましたね。
柔道の山下選手(今は、大きな役職をもたれていますね)が、涙ながらに訴えていたテレビの映像を思い出します。
応援歌を秀樹さんが歌っていらっしゃたのですか。
秀樹さんは、大スターでしたからね。
オリンピック・・・純粋に「平和なスポーツの祭典」であってほしいです。
Posted by 巻き舌 at 2019年07月24日 22:39
YouTube 拝見しました。
秀樹さんの歌声と共に流れる
幻の選手団一人一人のお名前と人生に
とても計り知れない葛藤があったことと
思います。
ちょうど一年後の「TOKYO 2020」を
秀樹さんはどのような思いで迎えた
ことでしょう。
Posted by Marie at 2019年07月24日 22:54
東京オリンピック一年前となり
来年の今頃は…と思うのと同時に
40年前の残念な記憶が…
当時は子供目線で秀樹さんが
大きな舞台で歌う機会が
なくなってしまった事がショックで
日本が参加をボイコットした背景
については 漠然と考えてたように
思い出されます。
躍動感 溢れるリズムと
爽やかな詞の世界
ヤングマンとは又一味違った魅力を
持つ 秀樹さんならではの楽曲で
好きな一曲です。
塩入さん upして下さり
ありがとうございます。

Posted by リラックマ at 2019年07月25日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集