2019年08月07日

sayaライブ横浜

昨日はsaya横浜ライブでした。
ゲストは八木さん、ハーモニカの八木さんです。
いわゆるニューミュージックと言われていた頃
レコード、CDから聴こえてくるハーモニカはほぼ100パーセント
八木さんでした。
稲垣さんのアルバムにもいっぱい入っていますね。
八木さんが稲垣さんの曲のインストアルバムを全部吹いている、、
というCDもありました。
CB5C68C2-6B72-44FD-B010-581A44A124D0.jpg

そんな超大御所、日本の音楽シーンに欠かせない八木さんですが
なーーんと僕は20歳の頃から、つい4年くらい前まで
「カーティスクリークバンド」というインストのバンドを
一緒にやっていたのでした。

はい、証拠写真お願いします
10AA4F6B-F5BC-4739-8BC4-D6BC4DDB4119.jpg

何にもわからない20歳の頃の僕はさぞかしみんなを
がっかりさせてたと思いますが、、、
当時ネイティブサン、カシオペア、カーティスクリークバンドと
並び称されていた時期もある程の
僕らネイチャー系のインストバンドでした。
フロントがハーモニカとsaxという、他にはないサウンドでした。

昨日はsayaさんの歌う中で八木さんにぴったりそうな曲をセレクト。
八木さんのフレーズがかぶってくるたびに
カーティスに入れてもらった頃から今までの沢山の
出来事が蘇ってきて、とにかく幸せな時間でした。
周りにいてくれる人の環境はものすごく変わってしまいましたが
こうしてまた八木さんとやってもらえる時間が
変わらずあってくれること、感謝の限りです。

八木さんのハーモニカをフィーチャーするために作った
カーティスの最後の新曲「君がここにいて」と
僕の1997年のアルバムの中の「海風の約束」も演奏しました。
763A4D51-6FE3-4483-B17A-19B74FDBE4A9.jpgA7A26511-CFC9-43F4-A22D-6F8054EB2BB9.jpg

sayaさんの歌も八木さんとうまく絡んでとっても素敵でした。
C69A1FE4-EE72-4C19-A5A5-F05C29CA364E.jpg


またこの組み合わせでお願いしたい特別な一夜でした
8755CA8B-9692-485F-A349-CDDEFCFE68D1.jpg

八木さんとカーティスで一緒だった事、とにかく誇りです。
僕のピアニカは八木さんの影響がとにかく殆どなのです。

またカーティス10年くらいしたら再結成しようか、、
という話も出ました。
いつかみんなに聞いてもらえるかもです
よろしくお願いします‼️


posted by aqua at 23:57| Comment(3) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20歳の頃から幅広いご活躍で、八木さんや色々な方から影響を受け、今の塩入さんの音楽活動があるのですね。ブログを読んでいて、また、証拠写真を拝見しカーティスクリークバンドの再結成で演奏される日が楽しみです。塩入さんのピアニカもまた、聴かせてください。
Posted by キタキツネ at 2019年08月08日 05:49
塩入さんの「今」へと続く、たくさんの人との出会い・関わり。
もちろん塩入さん御自身も、誰かにとってのそんなお一人ですが、こうしてあらためて考えると人生がより不思議で嬉しいものに感じられます。
カーティス再結成かも・・・。10年後の自分を想像しながら楽しみに待っています。
Posted by 旧姓 藤澤 at 2019年08月08日 05:59
夏の夜に響き渡る
素敵すぎる 塩入さんと八木さんの
演奏と 透明感があり情熱的なsayaさんの
歌声に魅了されました。
洋楽カバーそしてオリジナルに
八木さんのハーモニカを意識された
アレンジのメロディーに差し色のように
ハーモニカの音色が加わり
sayaさんの世界が更に輝きを
増したように感じられました。
「バラ色の人生」や
「あなただけのdoll」
「窓のない列車」 等々
新たな香りが感じられたようでした。

塩入さんと八木さんのduoは
懐かしいカーティスクリークの香りが…
「君がここにいて」改めて
アルバムを引っ張り出して聴いてみたくなりました。
そして大好きな「海風の約束」
日常に追われ 何か忘れかけていた
大切な記憶や思いがふと感じられる
優しい時間が流れたような…
切ない郷愁に 包み込むような
温かな音色 もうたまらない演奏でした。

塩入さんの演奏されるピアニカの
音色は真似するわけでもなく
八木さんの音色等が自然と
染みついていると言う お言葉が
すごく伝わってくるものが
あり感動的でした。
塩入さんの創りだされる音楽は
ご自身の研ぎ澄まされた感性はもちろんのこと、ピアノの恩師の先生方 そして
八木さんや岩井さん たくさんの
素晴らしい大先輩の方々との出会いと
携われた事により吸収し、
築き上げられた 思いの込められた
世界一の音色という事を改めて
感じ 尊敬の思いでいっぱいになりました。(偉そうにすいません。🙇)
演奏中に 塩入さんと八木さんが
あうんの呼吸で確認されている 場面が
温かくて お二人の嬉しそうな
雰囲気がとっても温かかったです。😊
そして巨匠お二人の間に入って
ご自分の歌の世界を確固たるものとして音楽の世界旅行のような
どんなジャンルでも楽曲のストーリーを十分に 艶やかに歌い伝えて下さった
sayaさんの歌声も素晴らしかったです。
又 是非 三人でのライブ楽しみに
しています。
(あとバンドの10年後の復活も)
次回は「摩天楼のkiss」も聴きたいです。
素敵な夏の思い出を ありがとうございました。
ライブの余韻にずっと浸っていて
感想がかなり長くなりすいません。




Posted by リラックマ at 2019年08月12日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集