2020年02月02日

松原健之さん袋井公演

今年最初の松原健之さんコンサートは
松原さん地元、袋井でした。

歌とピアノでどこまで伝えられるか。。。
やり甲斐MAXのステージでした。
それにしても、中盤のお祭りマンボと無法松の一生は凄かった。
この曲は松原君のためにあるんじゃないか、、ぐらいの勢い。
やっぱりこのぐらい難曲で、ポテンシャル使い切る感じじゃないと
常に勿体ない、、ことになっちゃうみたいです。
今日は特に顕著にそう思いました。
とにかく気持ちよかったです、弾きながらワクワクしてたんです。

2D80A8BE-B7F3-4289-9266-523E2F522D6F.jpg

幸先良いスタートが切れました
いっぱい花を咲かせたいですね。僕もがんばります。

公演後のCD販売の場所でも、沢山の方に声をかけていただき
本当に嬉しかったです。
終わってすぐ皆さんに会えるのはまた格別なものがあります。
想いが通じてる。、ってわかるのは何より嬉しいもの。
両想いはやっぱりステキな究極の形です。

ありがとうございました😊
次は八ヶ岳公演になります。
是非!またお会いできますように。
posted by aqua at 02:50| Comment(2) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらずの、ご多用・充実の日々ですね。
客席の者にとっても、終わってすぐに、ついさっきまでステージにいらしたアーティストの方と触れ合えるのは、何ともわくわく、緊張(?)するものです。
昨日のラジオ聴きました。
塩入さんの演奏はたしかに、「歌に心を持っていかれながら」なのだなぁと再確認しました。
羽生さんのお話では、いつも目先のことばかり見ながら仕事をしていないかと、自分を省みたりしました。
そして、「追憶のオペラ」。素敵な曲ですね!演奏・ボーカル、すべて質が高く、とても贅沢な作品だと聴き入りました。

Posted by early bird at 2020年02月02日 06:41
塩入さん、今年もよろしくお願いします。
私は松原さんの「お祭りマンボ」を初めて聞いた時、本当に「この人のための歌」のように思ってしまいました。その後、あちこちでLIVEで聴かせて頂く度に、なんと気持ち良く、楽しそうなんだ、と思いました。身体全体から湧き上がるように聴こえるというか見えるというか、感じています。
八ヶ岳のコンサート、楽しみにしています。
Posted by ikuyo iduka at 2020年02月03日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集