2020年04月11日

秀樹さん貴重映像

やばい😆
こんな動画あげてくれている人いた。
秀樹さん、「これからこういうのいっぱいやって行こう」って
言ってくれてたんだよな。

自由にやって、、との事で秀樹さんとは初顔合わせでしたが
この編成では、鉄壁の布陣で行きました。
ガッドギター 遠山哲朗
コントラバス 竹下
ピアノ 塩入俊哉

建て替え前の古いYAMAHAホールです。



Too Youngと枯葉

うーんこれもあるのか。
この映像は2006年くらいだけど
秀樹さんの所に再び入れていただいた1994年くらいの
コンサートで秀樹さんに無理矢理アコーディオンやってと
言われて買ったアコーディオンだな。
ちょっと出来ないかもです、、ってお伝えしたけど
「大丈夫、、」と一言。
凄い人は導きも本当にすごいです。
西城秀樹アコースティックコンサート インタビューからの「セ・ラ・ヴィ」



聴き始めてびっくり。ながーいプロローグが「追憶のオペラ」だった。
忘れてた、完全に。
この曲の初披露はこの時だったんだ。
素敵すぎる「傷だらけのローラ」
僕が中学2年の時のリリース曲。
この頃の秀樹さんは5歳しか離れて無いのに
当たり前だけど、ずっとずっと上の雲のその上の存在だった訳で
一緒に音楽を作るなんて、1ミリの想像も出来なかった。
感無量。

書き込みに、バックのこと褒めてくれてた。
若いミュージシャンという事になってました。
自分46の時。
1002社長の、徳永さん(当時僅か34歳)からYAMAHAホールを
使って何かと言われて、秀樹さんアコースティックコンサートを
提案したのでした。
秀樹さんも快諾してくださり、、、
秀樹さんと相談しつつ作り上げた特別この日だけの
コンサートでした。



最後のシングル曲「めぐり逢い」も聴けます。
posted by aqua at 19:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
忘れられない大好きなコンサートです。
確か当時 MXテレビで放送されたと
思うのですが…
画像検索していて 偶然見つけた時に
大感動でした。
秋のコンサートやディナーショーも
大好きで そして クラッシックと
洋楽 オリジナル曲が 素敵に
アレンジされた 塩入さんプロデュース
ならではの ヤマハのコンサートも
秀逸のライブでした。
「今」は いつも コンサートのラストの
静寂の中、塩入さんの
温かな音色と秀樹さんの 心に寄り添う
優しい歌声が 凛とした空間に
響き渡る 大好きな一曲で
何か心が苦しくなると
ふとこの曲が浮かびます。
「追憶のオペラ」はこの時が
初めてだったのですね。😊
「枯葉」「too young」等
洋楽を こんなにも素敵に
歌い上げる 秀樹さん…
そして その魅力を最大限に引き出して
下さるアレンジや演奏。
秀樹さんが年齢を重ね そして
音楽も 大人の渋さやかっこよさ
味わいが深まっていく コンサートは
もちろん 塩入さんとのduoが
もっともっと 観たかったです。
(将来はピアノ一本で歌ってみたいと
お話されてた事も…)
出来れば 新装した ヤマハホールでも
もう一度…。
秀樹さんのお誕生日を前に
アップして下さり
ありがとうございます。







Posted by リラックマ at 2020年04月12日 10:13
お久しぶりです。
今日の夕方、WOWOWで西城秀樹さんのLIVE映像が放送されました。本物のスターですね、どこから見ても。昨年、塩入さんの単独LIVE参加させていただき、秀樹さんとの大変貴重なお話聞かせて頂いたこと思い出します。1年前の5月でしたね。
秀樹さんの歌、彼の生き様、忘れてはいけない、語り継いでいきたいですね。
放映されたLIVEの終わり辺りで若い塩入さんのお姿もちょっと登場していました。
もうすぐ秀樹さんのご命日とのこと。
皆さんに秀樹さんという歌うたいがいた事思い出してほしいですね。
Posted by 山口県 カオナシ at 2020年05月03日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集