2020年10月15日

入荷

アルバム入荷😊

箱を開けるのは本当に楽しい瞬間です。

みんなの心に届くよう、レパートリーから選んで

録音した大切な曲たち。

明日リリース記念ライブです。

柔らかな時を共有出来ますように。

目黒東京倶楽部  10/16(金)20:10開演です。

感染対策してお待ちしています。


ご予約はこちらからお願いします‼️

https://tokyo-club.com/schedule/detail.php?cid=15564


6B7E1EE0-DCE7-4E40-90CC-44DBD02075CC.jpg

posted by aqua at 20:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

ライブ体験記いただきました

古田さんからのJZの感想をいただきました‼️
ありがとうございます。
昨日の古田さんの体験を今日は僕がした感じです。
行間に鳴る音のような繊細さと爆裂を見ました(笑)

【ライヴ体験記: 20200924】

古川展生と塩入俊哉のライブ。スペシャル・ゲストは徳永二男。これは観なければーーーとはいえ、私は彼らのことをほとんどよく分かっていない。そしてそれがいかに阿鼻叫喚で、奇跡で、トラウマになるほどの事件かさえ、観る前まで全く分かっていなかったのだが。

正直に言うが、私はクラシックをほぼ知らない。聴く習慣もない。クラシックとの思い出というと、「幼少期にトルコ行進曲をピアノで弾いた」、「ドヴォルザーク「新世界より」が好きだった」、「NHK教育の番組「第九をうたおう」にハマって観てた」くらいか。いずれにせよほぼ何も知らないので、ライヴ中に演者が曲名を言ってもほぼ頭に入ってこなかった。よってセトリはありません、すみません。

が、悪いがそんなこと、どうでもいい。
私は、観てはいけないものを、観てしまった。

古川。なんだそのチェロは。
運指ひとつとっても、時に正確に、時にアバウトに指を運ぶ。繊細な場面では正確に、荒々しい場面ではアバウトに、というレベルではない。私にはそれが意図的なものにしか見えなかった。そして弦を押し引きするその微妙な角度ひとつで、嘘だと思うくらい音が変わる。汗が迸る様はさながら格闘技か。しかも音や楽曲と格闘しているのではない、この人はその場の空気と格闘していた。形状も触感もないもの相手に、己を晒して、少しニヤつきながら闘っていた。

塩入。なんだそのピアノは。
そもそも弦楽器なのか打楽器なのかわからない鍵盤楽器という領域で、弦楽器のように流麗にメロディを紡ぐかと思えば、次の瞬間打楽器のように強烈な音の塊をガンガン叩く。今にも腰を浮かして立ち上がって弾いてしまうのでは?と思うくらいの集中力と、ライヴ全体をどこか客観して「調整」しようとしている目力。そう、「調整」。統率や演出などという俯瞰な姿勢では断じてない、あの眼は明らかに全体を当事者としてコーディネイトし聴衆に届けようとしていた。

ただでさえ、恐ろしいテンションと熱を、二人から感じたのに。それなのに。

徳永二男。彼は…なんなのだ。
フラッと現れてバイオリンを弾き始めた刹那、私は全く理解できなかった。全く、だ。「え?どこから音出てるの?」

普通、音は楽器からもしくはスピーカーから聞こえるはずだ、そんなの当然だ。しかし徳永の音は、その両方からどうやっても聴こえてこなかった。強いて言うなら、徳永の全身から音が「なんとなく」聴こえているような気がした、か。初体験に私は混乱し焦る。はい?ライヴを観ながら焦ってる?なんで?…混乱の無限ループ状態に陥った。
彼から放たれる音の流れが、粒が、休符までもが、全て美しく立体的に降ってくる。クリアな音の輪郭は強弱によるものではない。あれは明らかに徳永の…技?経験?楽器?音響技術?一事が万事こんな調子だ、もう私は錯乱。音の洪水どころの騒ぎではない、あれは音の光ーーー可視化できない億千の音の光だった。

そんな3人が放ち続ける音の前で、私は完全にノーガードで殴られ続け、終演後は半ば放心状態。確実に言えることはひとつ。私はこのライヴ、今後トラウマになる。「観てはいけないものを観た」と言ったのは、そういうことだ。いや、もう少しハッキリ言おうか。私は音に恍惚と殺されかけた。

あの場にいたお客様は、こんなご時世だからか、正直少なかったように思う。しかしあの奇跡を目撃できたことを、心から光栄に思うだろうし、誇りに思うだろう。だってほとんどの人類、あんなライヴ恐らく一生に一度も体験しないのだから。

演者の皆様、運営の方々へ。本来なら「責任取ってください」と言いたいところだが…そんな、奇跡なライヴ体験を提供いただいたことに、ありったけの感謝を。
posted by aqua at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

友人の娘さんのCM😆

稲垣さんで1986年からお世話になったマネージャーの
竹内さんの愛娘「まりん」ちゃん主演のCMです。
グッと来ます。
是非‼️
竹内さんは最初の合宿中に、僕のエフェクターラック
20Uが階段からころげ落ちるのを途中手で止めてくれ
結果親指の爪剥がす、、という、、、事態にも
「仕事ですから」の一言だった漢(オトコ)です。
めっちゃ可愛い娘さんで、、今超絶幸せな様です。
18B847B3-EACA-4B27-B7FC-2A038D632CEC.jpg
posted by aqua at 09:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

リハーサル

今日は今度の金曜日、7日に行われる

ビルボード東京からの稲垣潤一さん配信ライブの

リハーサルでした。

音を出した瞬間から絡み合い、強めにまとまって行く、、

パーマネントなバンドならではの実にいい感じでした。

カーティスクリークバンド、IAM、レジェクラ、、、

目指してたものは同じ境地で。


ただそういうものは容易く手に入るものでないから

それだけにまた求めてしまうもので、、、

音楽的にまとまれば上手く行くってものでもない所が

難しい、実に難しい。。。

作っては壊し、、が、人間の業なんだろうけど、、、

見立て通り業績良く、みんな仲良く出来ていて更に

それが続いている会社の社長さんに話を聞きたいなぁ。


色々あるけど幸せな音楽人生、後半へ。


F1803155-9231-4008-8A1E-E4DC8218DBF7.jpg

posted by aqua at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

羽生結弦プログラムコンサートでの喋り

羽生結弦選手のコンサート時の
天と地のレクイエム演奏前の、僕の拙いおしゃべりを
書き起こして下さっています。

「あの」とか「えー」まで克明に記録されていて
5000人の人前で喋る緊張がよみがえって来ました。
ありがとうございます。
posted by aqua at 11:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

レジェクラ中止になってしまいました。

残念すぎますが、今の現実です。
また何らかの形で皆さんと紡ぎたく思っています。
レジェクラをどうぞよろしくお願いします。

3E31A280-27EE-4AA7-AABE-4BDF36AB4E22.jpg

●名古屋ブルーノート公演 中止のお知らせ
レジェクラ、7月23日に公演予定でしたが
主催 名古屋ブルーノートの諸般の事情により
本公演は中止とさせていただくこととなりました。
突然の発表となり、お客様にはご迷惑を
お掛けしまして誠に申し訳ございませんが、
何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

既にご予約頂いておりますお客様には
名古屋ブルーノートより順次ご連絡を
差し上げております。
また、ご予約は全てキャンセルとさせていただき
ご購入済みのチケットは全て払い戻しを致します。
なお、本公演の問い合わせにつきましては
下記連絡先までお願いいたします。
名古屋ブルーノート  052-961-6311 (平日 11:00〜18:00)
posted by aqua at 09:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

明日は都知事選

自らキチンと考え、投票に行きましょう。
東京にお住まいの皆様☺️
posted by aqua at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

さらに


なんと武道館ver.もありました

アイドルマスターシリーズとは育成シュミレーションゲームで
アイドルを育成していく人気シリーズのようです。
posted by aqua at 20:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニソンやってました


随分昔、13〜4年前、アニソンのアレンジ仕事もしたんでした。
発見😳
当時人気だった「蒼い鳥」という曲をリアレンジして
コンチェルト風にして歌ってもらう、、という企画でした
ピアノは当時、紀尾井町にあった自分のスタジオにて
ベーゼンドルファーでレコーディングしています。

この動画、ニコニコ動画ですがゲストで入ればそのままご覧になれます。
これはフルサイズでした
posted by aqua at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

秀樹さんの日


秀樹さんの命日でした。
こんな時、秀樹さんだったら、、、
色々な事考えて、もう行動にずっと前に
出てるだろうな。
片時も音楽のことから離れない人でした。

34A15F87-392D-40BB-953F-D8333FA1CDC6.jpg

日本のpopsコンサートのあり方を変え続けてきた秀樹さんと
色々相談したい、、と思う今日この頃。

がんばるから。見ててください


posted by aqua at 23:58| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集