2021年02月18日

白いコミュニケーション

w3725F752-36CD-4B81-8D59-4D1368F3980D.jpg

稲垣さんのコンサートでコーラスを担当されてた
谷口さんの40年前のアルバムがソニーから初CD化されました。
とにかく秀逸としか言いようの無い抜群の作品なのです。

僕はなんと谷口さんのこのアルバムの、関係者発表コンサートに
行っていたのでした、40年前に。
舞台に出ている側と、こちら側のその間に流れる河の深さに
よーし負けてらんないぞ、、となったのでした。

このアルバムの前に出来ていたデモも聞いていました。

その後20年経って、稲垣さんの所で同じ舞台に立ち
とっても仲良くしていただいて楽しい時を過ごしました。

そしてまた20年、こうしてあのアルバムが再リリースされる時が来て
とても嬉しいです。
是非是非聞いてみてください‼️

「白いコミュニケーション」というメイン曲は当時
クリープのCMでこれでもかと流れていたので
聴いてみれば、あぁあれね、、という方は少なくないかも。
ただその曲はデモでは「釣り天井の騙し合い」
という曲でした。
posted by aqua at 18:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



もうすぐ富山、、ですが。
雪☃️すごいですね。
一瞬の晴れ間の景色です。

872DFD7B-8D5F-4EA2-8DF4-71823098C3E7.jpg


あとはずぅぅっとこんなかんじです。

B8561518-7441-4942-AB71-5BB70D1A3B35.jpg
posted by aqua at 10:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金沢!

京都以外で、久しぶりの遠征です
松原君と金沢の収録に向かっています。
待合室で松原君と遭遇。
そういうのって、懐かしい感覚にまでなりました。

車窓から見える上州の山々は変わらず。
僕も変わらず、東京駅にて駅弁を、、、

今回は悩んだ末、天むすに。

車内で開けようとして、ん?
小淵沢駅構内弁当、、、って書いてありました。
なんとあの丸政さんではありませんか。
昔からお世話になっている、、、って食べてるだけですが
「高原野菜とカツの弁当」の丸政さんです。
小淵沢ならではの明るいパッケージと内容に
いつも満足していました。

F5709106-CCF4-46F7-B682-5DFC74E69A75.jpg

今回は一瞬失敗したかと、、、
微妙な世界を構築する天むす文化が
果たして小淵沢にあるのか、、と。

00E4385A-4FA5-4728-BDF3-258166749139.jpg

渋い包装を解くと、いきなりビニール。
でもその中に鎮座しておられる天むす様。
恐る恐る戴きます、、、

D39AF330-77BE-4035-ABD5-3B3EBF81605F.jpg

うっそーーー
といか言いようの無い豊潤さ。
ホロホロと崩れながら口いっぱいに展開する
凝縮したThe日本。
冷えているはずなのに温かさすら感じてしまうではありませんか。

NO.1天むすかもしれません
いやぁ参りました、丸政さま。
箸休めの沢庵も超美味なんですこれが。

絶対お薦めで御座います。
こうして未知のモノに出会うのも、旅のおかげ。
感謝でいっぱいです。

では再び予習に戻り、金沢まであと1時間半なりました。
posted by aqua at 09:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

あけましておめでとうございます

、、ってもう1月も終わりなのにとぼけていて
大変申し訳ありません。
12月に入ってから今までどうなってるんだかわからない
色々なことが錯綜し、、、
ご挨拶が遅れましたこと心よりお詫び申し上げます。
僕ら音楽家にとって、忙しい事はこの上ない喜びなので
幸せではあります。
今年もどうぞよろしくお願いします。

、、でまずご報告が、、、
先週発売のスポーツ誌「Number 」フィギュア特集で
インタビューを取り上げていただきました。
とんでもなくすごいアーティストさんと共に
羽生結弦選手について語らせていただいています。
丁度ど真ん中、ホッチキスの針がある部分の左ページが
僕のページです。
まだ1週間くらいは本屋さんに最新刊で出ているので
是非お手にとって見ていただけたら嬉しいです。

4E7B11EA-B7F7-4F5B-8E58-40875B3B8622.jpgFCC27426-97F9-43E3-A0A1-2EC917B4A329.jpg
posted by aqua at 15:30| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

フィギュアは無いけれど、、

音を紡ぐ機会がいっぱい出来ました。
幸せな事です。
周りの皆に感謝しかありません。


E88F84E8-5064-4E0A-A5BB-69ACBBAE968C.jpg
posted by aqua at 00:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

入荷

アルバム入荷😊

箱を開けるのは本当に楽しい瞬間です。

みんなの心に届くよう、レパートリーから選んで

録音した大切な曲たち。

明日リリース記念ライブです。

柔らかな時を共有出来ますように。

目黒東京倶楽部  10/16(金)20:10開演です。

感染対策してお待ちしています。


ご予約はこちらからお願いします‼️

https://tokyo-club.com/schedule/detail.php?cid=15564


6B7E1EE0-DCE7-4E40-90CC-44DBD02075CC.jpg

posted by aqua at 20:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

ライブ体験記いただきました

古田さんからのJZの感想をいただきました‼️
ありがとうございます。
昨日の古田さんの体験を今日は僕がした感じです。
行間に鳴る音のような繊細さと爆裂を見ました(笑)

【ライヴ体験記: 20200924】

古川展生と塩入俊哉のライブ。スペシャル・ゲストは徳永二男。これは観なければーーーとはいえ、私は彼らのことをほとんどよく分かっていない。そしてそれがいかに阿鼻叫喚で、奇跡で、トラウマになるほどの事件かさえ、観る前まで全く分かっていなかったのだが。

正直に言うが、私はクラシックをほぼ知らない。聴く習慣もない。クラシックとの思い出というと、「幼少期にトルコ行進曲をピアノで弾いた」、「ドヴォルザーク「新世界より」が好きだった」、「NHK教育の番組「第九をうたおう」にハマって観てた」くらいか。いずれにせよほぼ何も知らないので、ライヴ中に演者が曲名を言ってもほぼ頭に入ってこなかった。よってセトリはありません、すみません。

が、悪いがそんなこと、どうでもいい。
私は、観てはいけないものを、観てしまった。

古川。なんだそのチェロは。
運指ひとつとっても、時に正確に、時にアバウトに指を運ぶ。繊細な場面では正確に、荒々しい場面ではアバウトに、というレベルではない。私にはそれが意図的なものにしか見えなかった。そして弦を押し引きするその微妙な角度ひとつで、嘘だと思うくらい音が変わる。汗が迸る様はさながら格闘技か。しかも音や楽曲と格闘しているのではない、この人はその場の空気と格闘していた。形状も触感もないもの相手に、己を晒して、少しニヤつきながら闘っていた。

塩入。なんだそのピアノは。
そもそも弦楽器なのか打楽器なのかわからない鍵盤楽器という領域で、弦楽器のように流麗にメロディを紡ぐかと思えば、次の瞬間打楽器のように強烈な音の塊をガンガン叩く。今にも腰を浮かして立ち上がって弾いてしまうのでは?と思うくらいの集中力と、ライヴ全体をどこか客観して「調整」しようとしている目力。そう、「調整」。統率や演出などという俯瞰な姿勢では断じてない、あの眼は明らかに全体を当事者としてコーディネイトし聴衆に届けようとしていた。

ただでさえ、恐ろしいテンションと熱を、二人から感じたのに。それなのに。

徳永二男。彼は…なんなのだ。
フラッと現れてバイオリンを弾き始めた刹那、私は全く理解できなかった。全く、だ。「え?どこから音出てるの?」

普通、音は楽器からもしくはスピーカーから聞こえるはずだ、そんなの当然だ。しかし徳永の音は、その両方からどうやっても聴こえてこなかった。強いて言うなら、徳永の全身から音が「なんとなく」聴こえているような気がした、か。初体験に私は混乱し焦る。はい?ライヴを観ながら焦ってる?なんで?…混乱の無限ループ状態に陥った。
彼から放たれる音の流れが、粒が、休符までもが、全て美しく立体的に降ってくる。クリアな音の輪郭は強弱によるものではない。あれは明らかに徳永の…技?経験?楽器?音響技術?一事が万事こんな調子だ、もう私は錯乱。音の洪水どころの騒ぎではない、あれは音の光ーーー可視化できない億千の音の光だった。

そんな3人が放ち続ける音の前で、私は完全にノーガードで殴られ続け、終演後は半ば放心状態。確実に言えることはひとつ。私はこのライヴ、今後トラウマになる。「観てはいけないものを観た」と言ったのは、そういうことだ。いや、もう少しハッキリ言おうか。私は音に恍惚と殺されかけた。

あの場にいたお客様は、こんなご時世だからか、正直少なかったように思う。しかしあの奇跡を目撃できたことを、心から光栄に思うだろうし、誇りに思うだろう。だってほとんどの人類、あんなライヴ恐らく一生に一度も体験しないのだから。

演者の皆様、運営の方々へ。本来なら「責任取ってください」と言いたいところだが…そんな、奇跡なライヴ体験を提供いただいたことに、ありったけの感謝を。
posted by aqua at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

友人の娘さんのCM😆

稲垣さんで1986年からお世話になったマネージャーの
竹内さんの愛娘「まりん」ちゃん主演のCMです。
グッと来ます。
是非‼️
竹内さんは最初の合宿中に、僕のエフェクターラック
20Uが階段からころげ落ちるのを途中手で止めてくれ
結果親指の爪剥がす、、という、、、事態にも
「仕事ですから」の一言だった漢(オトコ)です。
めっちゃ可愛い娘さんで、、今超絶幸せな様です。
18B847B3-EACA-4B27-B7FC-2A038D632CEC.jpg
posted by aqua at 09:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

リハーサル

今日は今度の金曜日、7日に行われる

ビルボード東京からの稲垣潤一さん配信ライブの

リハーサルでした。

音を出した瞬間から絡み合い、強めにまとまって行く、、

パーマネントなバンドならではの実にいい感じでした。

カーティスクリークバンド、IAM、レジェクラ、、、

目指してたものは同じ境地で。


ただそういうものは容易く手に入るものでないから

それだけにまた求めてしまうもので、、、

音楽的にまとまれば上手く行くってものでもない所が

難しい、実に難しい。。。

作っては壊し、、が、人間の業なんだろうけど、、、

見立て通り業績良く、みんな仲良く出来ていて更に

それが続いている会社の社長さんに話を聞きたいなぁ。


色々あるけど幸せな音楽人生、後半へ。


F1803155-9231-4008-8A1E-E4DC8218DBF7.jpg

posted by aqua at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

羽生結弦プログラムコンサートでの喋り

羽生結弦選手のコンサート時の
天と地のレクイエム演奏前の、僕の拙いおしゃべりを
書き起こして下さっています。

「あの」とか「えー」まで克明に記録されていて
5000人の人前で喋る緊張がよみがえって来ました。
ありがとうございます。
posted by aqua at 11:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集