2018年12月24日

出陣です

さぁいよいよ(なんかいつもいよいよ言ってますが
やっぱりいよいよな訳で、、
決戦の地大阪に向かっています。
まぁ決戦なのは選手の皆さんなのですが
僕も11月からの長い作業の集大成もあって
メダリストの選手皆さんと共同作業出来る喜びを胸に
精一杯がんばって来ます。

出陣にあたってはお約束出陣弁当🍱ということで

8EF899CB-93F6-44BA-A01C-D2D87E39E787.jpg

美味しさの集積です。
演奏もこんな感じで行きたいものです

夜22時ごろまでには明日の出場選手が決定します
そこでまた追加作業あるかもで、、、
夜中まで気が抜けません。



posted by aqua at 13:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスイブに

クリスマスイブになりました。

皆様が幸せでいられますように。。。

It’s Christmas day.

We are full of happiness because you are here with us.

May a lot of miracles will happen to you.

And, wish our helping hands could reach the children in need around the world, 

the courage of sharing love to the kids around us would always in our heart.

Merry Christmas!

TOSHIYA SHIOIRI


今日はクリスマスの日。
こうしてみんなが集えたこと、幸せな気持ちでいっぱいです。
みんなに素敵な奇跡がいっぱい起きますように。
そして今世界中で、困っている子供達に
救いの手が届きますように。
目の前の子供を救う力が周りの大人達に宿りますように。
メリークリスマス!

塩入俊哉
posted by aqua at 00:16| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

松原健之さん大垣公演

松原君の今年最終公演は
大垣でした。
応援してくださる方々の主催公演という
スペシャルな形でした。
松原君、超幸せですね
随所に心配りいただいた素敵な空間でした。

なーんと楽屋には、先日僕がブログにアップした
いろはす梨ちゃんが🍐
E0C7F1BC-ACD8-4C14-B49A-D28010C29646.jpg
ブログを読んで下さりセットしてくださいました
モチベーションMAXです。
多分とってもいい感じのステージになったとおもいます。

松原さんは、うねりありながら柔らかくかつ説得力が見事
そんな歌を魅せてくれました。
2人だけは燃えます。本当に。
真剣勝負って感じです、
順さんや楯くんの時も勿論真剣勝負だけど
良い意味で意識的に委ねる場面もあるわけで、、
2人だけで空間を支配する今日の感覚
僕はたまらないです。


さて、ここは結婚式をいっぱいやるホテルなんですね。
花嫁控室15までありました。
6B51064F-2B18-4042-B15B-F827692440CC.jpg


で、僕は花嫁控室11でした。
0DC14782-41AA-4812-8CF0-922BB134B697.jpg

そういえば岐阜近辺での結婚式というか婚礼は
大層スゴいと昔友達や、アシスタントから聞いていました。
タクシーで後部席のところの上が開くのがありますし。。
箪笥等、嫁入り道具が半端ないとか。
あと2階から餅を撒くとか。。。
そういう土地柄なんですね。

そういう事からも、おもてなし全部に渡って
心込められているんですね。
ありがとうございました
今年最後にふさわしい良い会にしてくださいました。

一旦東京に戻って、お仕事です。
なーんと、メダリストオンアイス追加曲が発生
やっぱり大阪の時はいつもこういう感じ。
前は深夜に2曲入れ替わったことありました。
安藤美姫ちゃんと織田君でした。
がんばります。
明日は大阪に早く入ってスタジオでピアノ練習3時間
がんばります。
posted by aqua at 16:22| Comment(5) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

メダリストオンアイスRH

愛媛から帰って、、そのままメダリストオンアイスのRHに直行です。
今回はストリングセクションも、5-4-3-3-2と豪華に
リズムセクションは僕の最も信頼するミュージシャンで固めています。
drは渡辺豊くん。カーティスクリークバンドでお互い大学生の頃から
鍛えられた2人です。水樹奈々さんなどで活躍中です。
gは宅見のマー君。秀樹さんで一緒だった仲間ですが作曲家でもあり
今はロス在住です。
bassはお馴染み斎藤順さん。頼れるbassmannです。
percは萱谷亮一君。超絶テクニックと温かいハート持ち主で
ティンパニーも勿論いけちゃうマルチパーカッショニストです。
シーケンスとpercは楯直己くん。相棒です

805DC0E6-716F-4FCD-92DD-7BEEE50B7C73.jpg

リズムセクションです
81502E6C-A22E-4E66-9386-9367590FADE8.jpg

ストリングスセクションです。
37256CB4-615F-4EC5-8343-F90B35D2F470.jpgBF71DCC6-C2D1-4DCB-8F8C-63D81A694149.jpg

がんばっています
C41583A0-139A-4CA4-AA44-0CA418D6E781.jpg


まぁ君04AFD108-29F0-4399-993C-C9E735A4B1C4.jpg

なべちゃん
9071FABF-9239-460E-A572-CD0FD910F8DD.jpg

こうして見てるとそれぞれキャラクターは豊かだけど
共通すること、とにかく音楽にストイックであること、、です。
そこには、みんなどんなに時間を割いても平気なんだろうな、、と
思います。頼れる最高の仲間です
posted by aqua at 20:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩入俊哉 feat. 稲垣潤一コンサートin松山

N響クインテットをお迎えしての

塩入俊哉 feat.稲垣潤一コンサート。

松山ひめぎんホールで3000人、満員のお客様と。

9F3CB156-7E14-409F-A01C-D3E98A3580A1.jpg


緊迫感溢れた雰囲氣ではありましたが

お客様にも喜んでいただけ、僕らも大満足な

ステージになりました。

やり遂げた感、半端なく、終わってすぐの写真は

にっこにこでした。

22F8698C-368D-48CE-B329-EED0FD2D0F3E.jpg

嬉しい嬉しい夜です。

自分のソロ曲は、「追憶のオペラ」と

「桜の時に」をお届けしました。

今日の雰囲気のクリスマスキャロルは、明日

12月22日sat TOKYO MXテレビ

「ミュージック・モア」18:59〜19:30で

稲垣さんと2人でやってます。是非❣️

46ADC94F-3332-45D9-B230-77949BCD1CCD.jpg

綿密に打ち合わせ


今回、こういう大切な機会を与えてくださった皆様に

心から感謝でいっぱいです。

そして何より共演してくださった稲垣さん

本当にありがとうございました。

来年の稲垣さんツアーも是非ご期待下さい




posted by aqua at 00:41| Comment(1) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

フジクリスマスコンサート


いよいよ伊予伊予
当日になってしまいました。
会館前はこんな状態のようです。
A0AB2900-6690-482B-B3D7-CB330AECAD71.jpg

演奏は20時くらいから。
弦メンバーとのコラボもあるスペシャルコンサート。
がんばってきます!



こちら地方のゆるキャラ、バリィさんです
1F3226F0-F7D1-4F4D-908B-58E5A97F84EC.jpg

このコンサートのRHは火曜日に東京でやりました。
N響の方もいい方ばかりで、素敵な感じになりそうです。
水曜日は松原君ディナーショーで
昨日は朝から古川君と2人で学校コンサート。

お昼はC9C39F19-9600-4AB9-A417-23222A162645.jpg
給食をいただきました。
とっても美味しかったです。
噂に聞いていた昔の給食とは全然違うらしいです。

終わって、レジェクラのリハーサル
今回入ってくださる稲垣さんチームの
照明の赤坂さんも永野さんも、とっても気に入ってくださって、、
勇気100倍で臨めます。
良いコンサートになる時は、スタッフの中にとにかく
何とも言えない熱気があるもので、、、
1曲終わる度にみんな笑顔の溢れる素敵な時間でした。
27日本番です。

posted by aqua at 12:38| Comment(3) | これからコンサート! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

松原健之ディナーショー

松原健之さん、クリスマスディナーショーi🎄
コットンクラブでした。
沢山のお客様ありがとうございました。
1年の最後を温かい雰囲氣で終われて嬉しかったです。
みんなで乾杯したい気分でしたね

98B41EB7-F20F-4410-A67C-3C42B8A6CAC0.jpg
順さんもありがとうございました
C3A44560-C66A-4E34-B1DD-29D25C96A5AC.jpg


楯くんもありがとうございました。
F9E30F74-F484-4C8C-B962-BDC0CA11A744.jpg

僕ら3人はメダリストオンアイスでまた合流します。
皆さんテレビでお会いしましょう


posted by aqua at 13:38| Comment(4) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

稲垣さん神戸国際

稲垣さん、神戸公演。
今年のホールツアー最終日でした。

僕の持ち場からのホールの様子。
実に美しいホールです
2E49D2F8-4B9D-4AB8-82B3-F262A5E1F1D0.jpg


今日の記念写真。
47F2351B-C91A-4A49-B1D5-9CD28D6A8931.jpg
1年間応援ありがとうございました。
演奏的には、ちょっと達した感あって充実した最終日になりました。
、、と言っても、またこれも階段の踊り場状態なんだろうな。
上は果てしないようです
また来年積み重ねます。

今日もホットミールサービスが
D3F96A26-EBAE-4325-A135-3CA7C868BEB5.jpg
加古川カツ丼、デミグラスソースで超美味です。
お野菜もたっぷり。
帰りの新幹線の段階でまだお腹いっぱいです。
もう9時間経ったのに。。。

ここから怒涛の年末に
がんばります。
posted by aqua at 22:23| Comment(4) | LIVEを終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給水停止

もう、こういう事例が。。。
民間には無理です。

岩手県雫石町長山岩手山の「岩手高原ペンション村」に水道を供給する民間企業「イーテックジャパン」(仙台市青葉区)が、事業の赤字を理由に、17日にも給水を停止すると住民に通知していることが、町などへの取材でわかった。住民は宿泊業務や生活に影響があるとして反発している。
民間水道企業、赤字でペンション村に給水停止へ

posted by aqua at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣く子

現代の全ての病巣を25字で表現する
魂に突き刺さる言葉です。
泣く子をはじめ
困っているひとを見て見ぬふりをし
排除まで持って行こうとする大人。
更にそれを真似する子供。
(自らの)経済の第一主義
経済の為なら何をやっても許されると
勘違いした考え方を全て改めるべき
ギリギリの所まで来てしまったこの国です。

松居和さんは米国で一世を風靡した稀代の尺八奏者です。
IAMでご一緒させていただきました。

AFFD23BC-5347-4ED4-B8DE-15E22EBDE170.jpg
以下は和さんによる解説です。
是非読んでみて下さい。

朝日新聞、12月15日の朝刊「折々のことば」に著書「なぜわたしたちは0歳児を授かるのか」(国書刊行会)に書いた言葉が紹介されました。
そうだ。これが原点だった、いい言葉を指摘してくれた、と思いました。哲学者、鷲田清一さんに、感謝です。ありがとうございます。

「逝きし世の面影」(渡辺京二著:平凡社)を読んで書いた言葉です。150年前に日本に来た欧米人がこの国の個性に驚くのです。時空を越えて、私たちに「本当の日本のこと」を伝えようとするのです。

『私は日本が子供の天国であることをくりかえさざるを得ない。世界中で日本ほど子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない。ニコニコしているところから判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい(モース1838〜1925)』

 玩具を売っているお店が世界一多い国、大人たちも子どもと一緒に遊ぶ国。
 日本の子どもは父親の肩車を降りない。子どもの五人に四人は赤ん坊を背負い、江戸ほど赤ん坊の泣き声がしない街はない。

 赤ん坊を泣かせないことで、人間と人間社会が育っていた。赤ん坊が泣いていたら、そこにいる人が「自分の責任だ」とごく自然に思う。それが、人間が調和し、安心して暮らしていく原点かもしれません。そうすれば、大人でも子どもでも、老人でも青年でも、人間が泣いていたら、そこにいる人が「自分の責任だ」と思うようになる。
 最近は親が、泣いている自分の赤ん坊を見て、勝手に泣いていると思ったり、迷惑だと感じてしまったりする。抱き上げれば泣きやむことを知っているのであれば、泣いているのは自分の責任。よく考えてみれば、「産んだ責任」まですぐにたどりつく。その責任を感じたとき、人間は本来、自分の価値に気づくのだと思います。
 そうやって何万年も生きてきた。親が泣いている自分の子どもに責任を感じなくなった瞬間に、人間社会が長い間保ちつづけていた「絆」が切れてしまうのです。
 赤ん坊が泣いていれば、その声を聞いた人の「責任」です。
posted by aqua at 11:21| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集